Q.NFTの取引のカスタムファイルでの記載方法を教えてほしい

A. NFTの課税関係に関する取扱いについて、国税庁の「No.1525-2 NFTやFTを用いた取引を行った場合の課税関係」をご参照ください。

以下、仮想通貨と同様に雑所得として計算するパターンをご紹介します。カスタムファイルのフォーマットダウンロードはこちらをご参照ください。

 

■NFTの取引履歴の記載方法

NFTそのものの売買の損益も計上した形で、授受される仮想通貨の損益も同時に計算可能です。

NFTについてはカスタムコインを用いて記載ください。カスタムコインの詳細はこちらをご参照ください。以下では仮にABCというNFTを売買した際の記載方法をご紹介します。

 

《NFT購入時の記載方法》

例:NFTであるABCの取得に際し0.5ETH支払い、手数料として0.01ETH支払った

Timestamp Action Source Base Volume Price Counter Fee FeeCcy
取引日時を記載 BUY 任意 USER-ABC 1

0.5

ETH 0.01 ETH

 

《NFT売却時の記載方法》

例:NFTであるABCを売却し、0.6ETHを受け取った。手数料として0.01ETH支払った

Timestamp Action Source Base Volume Price Counter Fee FeeCcy

取引日時を記載

SELL 任意 USER-ABC 1

0.6

ETH 0.01 ETH

 

なお、譲渡所得の起因となる資産に該当する場合は、譲渡所得に区分する必要があります。区分については担当の税務署にご確認ください。上記記載は雑所得に区分するケースの記載となりますのでご留意ください。