カスタムコインの作り方

はじめに

お客様ご自身が自由にシンボルを決めることができるカスタムコインをご紹介します。

カスタムコインとは

カスタムコインとは、クリプタクト上で登録されていないコインについて、帳簿上でお客様が割り当て、主軸通貨として使うことできるコインになります。

カスタムコインは、"USER-"という文字列ではじまり、以降、半角数字・半角英大文字・パウンドサイン(#)を15文字まで組み合わせて自由にきめることができます。

※従来のダミーコイン(CTT2~CTT499)も引き続きお使いいただけます。

※カスタムコインは価格がないため、Counter(決済通貨)やFeeCcy(手数料通貨)に記載すると価格データ欠落になります。カスタムコインは必ずBase(主軸通貨)のみに使用してください

 

カスタムコインを使用し、取引履歴に反映させる方法

方法1:カスタムファイル(カスタム取引)の作成、アップロード

カスタムファイルの主軸通貨欄に"USER-MYDUMMYCOIN#123"などと記載し、ファイルをアップロードしていただくと、帳簿上でカスタムコインとして取り込まれます。

カスタムファイルの作成方法(カスタム取引)についてはこちらを参照ください。

※カスタムコインは価格取得ができないため、Counter(決済通貨)やFeeCcy(手数料通貨)には対応していませんのでご了承ください。

 

作成方法2:「手動で取引を追加する」や編集画面からの作成

取引編集画面にて、「カスタムコイン/トークンを作成・利用する」のチェックボックスをONにしてください。その後、主軸通貨欄が"USER-"となり、以降、半角数字・半角大文字・#を15文字まで自由に入力することができます。

画面上から取引履歴の手動追加・修正・削除についてはこちらをご参照ください。

mceclip0.png

 

以前、未対応コインだったため、カスタムコインとして入力したコインが、対応済みコインとなった場合の対応

 

詳細は以下リンクをご確認ください:

Q. 以前、未対応コインだったためカスタムコインとして入力したコインが、対応済みコインとなった場合の対応