NFT取引の入力方法

NFTの課税関係に関する取扱いについて、NFTに関する税務上の取り扱いについてをご参照ください。

以下、仮想通貨と同様に雑所得として計算するパターンをご紹介します。

【NEWS】DeFi機能においてOpenSea(オープンシー)でのNFT取引に自動対応しました。(2023/8/18時点)

  • 複数のNFTを1回の決済で購入した場合、各NFTの価格の情報がないため、DeFi機能で連携後ご自身で補完していただく必要がございます。DeFi機能連携後、該当取引についてコンバート機能を用いてご自身で各NFTの価格を入力してください。
  • NFT同士の交換の履歴については、損益計算上どのように計算すべきか明確なルールが存在していないため自動対応していません。

【その他】

  • 現時点では、Uniswap V3、dydx, NFT関連の自動識別には完全には対応しておりませんため、「DeFi取引一覧」にて該当取引の取引種類は「除外」をお選びいただき、カスタム取引で取引をアップしてください。(今後自動識別できるように対応いたします)詳細はこちら
  • 2023/3/16時点で、Avalanche(アバランチ)でのERC1155の対応を一時停止しております。

目次

1. NFTの売買履歴の記載方法

1.1 NFT購入時の記載方法

1.2 NFT売却時の記載方法

2. 自身でNFTを制作(ミント)した際の記載方法

2.1 NFT制作時の記載方法

2.2 制作したNFTをgiveaway(ギブアウェイ)した際の記載方法 

2.3 制作したNFTを売却した際の記載方法

3. NFT同士の交換

4. フリーミント、エアドロップ、Giveaway(ギブアウェイ)

 

1. NFTの売買履歴の記載方法

NFTそのものの売買の損益も計上した形で、授受される仮想通貨の損益も同時に計算可能です。

NFTについてはカスタムコインを用いて、カスタムファイルに記載ください(※)。カスタムファイルのフォーマットダウンロードはこちら以下では仮にABCというNFTを売買した際の記載方法をご紹介します。

(※)DeFi取引の場合は、NFTはDeFiトークンを用いて記載ください。

 

1.1 NFT購入時の記載方法

例:NFTであるABCの取得に際し0.5ETH支払い、手数料として0.01ETH支払った

日時 種類 ソース 主軸通貨 取引量 価格 決済通貨 手数料 手数料通貨 コメント
取引日時 BUY 任意 USER-ABC 1 0.5 ETH 0.01 ETH 任意

 

例:日本円(クレジットカード決済を含む)で3000円支払い、手数料として500円支払った

日時 種類 ソース 主軸通貨 取引量 価格 決済通貨 手数料 手数料通貨 コメント
取引日時 BUY 任意 USER-ABC 1 3000 JPY 500 JPY 任意

 

1.2 NFT売却時の記載方法

例:NFTであるABCを売却し、0.6ETHを受け取った。手数料として0.01ETH支払った

日時 種類 ソース 主軸通貨 取引量 価格 決済通貨 手数料 手数料通貨 コメント
取引日時 SELL 任意 USER-ABC 1 0.6 ETH 0.01 ETH 任意

 

2. 自身でNFTを制作(ミント)した際の記載方法

2.1 NFT制作時の記載方法

例:自身でABCというNFTを制作(ミント)した。ミント時に0.1ETHを消費した

日時 種類 ソース 主軸通貨 取引量 価格 決済通貨 手数料 手数料通貨 コメント
取引日時 BUY 任意 USER-ABC 1 0.1 ETH 0 JPY 任意

 

2.2 制作したNFTを無償贈与した際の記載方法

例:自身でデジタルアートを制作し、そのデジタルアートを紐づけたNFTを知人に無償贈与した。

回答:国税庁のFAQでは所得税の課税関係は生じないとのことです。

※もし法人がデジタルアートを制作して、そのデジタルアートを紐づけたNFTを贈与した場合、法人税の課税対象となります。

※贈与を受けた側は、その時価相当については贈与税の対象になる可能性があること、予めご注意ください。

 

2.3 制作したNFTを売却した際の記載方法

記載方法は、1.2NFT売却時の記載方法と同じです。

 

3. NFT同士の交換

2023年7月27日時点では明確なルールが発表されていなため、処理については担当の税理士、または税務署にご確認いただけますようお願いいたします。そのうえで、暗号資産に知見のある税理士にもヒアリングをし、以下のような処理が選択肢として考えられます。

例:NFT ABCを使ってNFT DEFと交換した。(NFT DEFをNFT ABCの売却価格で購入)

日時 種類 ソース 主軸通貨 取引量 価格 決済通貨 手数料 手数料通貨 コメント
取引日時 SELL 任意 USER-ABC 1 (※1) JPY 0 JPY 任意
日時 種類 ソース 主軸通貨 取引量 価格 決済通貨 手数料 手数料通貨 コメント
取引日時 BUY 任意 USER-DEF 1 (※1) JPY 0 JPY 任意

(※1) 売却価格について、暗号資産の場合は時価を参照しますが、NFTの時価の算定方法をどうするべきかという点について、売却するNFTの平均取得単価を使用する、同様のNFTコレクションのフロアプライスを時価とする、などが考えられますが、個別判断となることご留意ください。

 

4. NFTのフリーミント、エアドロップ、Giveaway(ギブアウェイ)

フリーミント、エアドロップ、Giveaway(ギブアウェイ)について、2023年7月27日時点では明確なルールが発表されていなため、処理については担当の税理士、または税務署にご確認いただけますようお願いいたします。その上で、以下のような処理が選択肢として考えられます。

  • フリーミントとは、デジタルアートをNFT化する権利を無料で配布する行為であると理解しています。(ガス代は受け取り側の負担)受け取る側がミントを行い、NFT化する必要があります。

⇒受け取り側の記載方法は、2.1NFT制作時の記載方法が考えられます。

  • エアドロップとは、すでにNFT化されたデジタルアートを無料で配布する行為であると認識しています。フリーミントとは異なり、配布者がすでにデジタルアートをミントし、NFTとして配布します。(ガス代は送る側の負担。)

⇒受け取り側の記載方法は、仮想通貨の場合と同様にボーナス(BONUS)が考えられるかと思いますが、※1価格はご自身のご判断で記載ください。

日時 種類 ソース 主軸通貨 取引量 価格 決済通貨 手数料 手数料通貨 コメント
取引日時 BONUS 任意 USER-ABC 1 (※1)

JPY(※2)

0 JPY(※2) 任意

(※2)「決済通貨」、「手数料通貨」・・必ず法定通貨を入力ください。「手数料」が仮想通貨で発生している場合は、別途LOSS(損失計上)の履歴をアップください。

  • Giveaway(ギブアウェイ)とは、NFTを無料で配布する企画の総称であると認識しています。NFTのフリーミントの企画や、エアドロップ企画のことを指し、特にエアドロップと同じ意味で使われるケースが多いかと思います。また、詐欺行為やトークンの盗難行為も報告されることがあるので注意しましょう。

 

【関連資料】

国税庁- NFTに関する税務上の取り扱いについて(FAQ)

NFT(エヌエフティー)の税金とは?利益計算の方法や確定申告について紹介