Binance Global(バイナンスグローバル)のAPIキー取得方法

このページではBinance(バイナンス)の取引履歴のAPIキーの取得方法をご紹介します。

会計通貨に豪ドル(AUD)が追加されました

2023年12月21日に、豪ドル(AUD)に対応いたしました。会計通貨の設定はこちらの画面をご確認ください。

詳細はクリプタクトニュースをご確認ください。

Binanceの履歴対応状況(必ずご確認ください)
現時点でのクリプタクトの自動対応状況は以下ヘルプページをご参照ください。
Binance Global(バイナンスグローバル)の履歴への対応状況

1.Binanceにログインして画面左の、「Account」をクリックし、「API Management」をクリック

スクリーンショット 2024-02-13 141853.png

その後、「Create Tax Report API」をクリックします。

__________2023-01-24_114441.png

 

2.セキュリティ認証を完了させる

mceclip0.png

 

3.作成されたAPI KeyとSecret Keyが作成される

mceclip1.png

4.「Edit restrictions」をクリック

5. IP access restrictionsで「Unrestricted (Less secure)」にチェックが入っていることを確認し、編集を保存する

スクリーンショット 2024-05-10 142935.png

 

6.二段階認証を解除し

7.作成されたAPI Key Secret Keyをメモする。

※Secret Keyは作成時点で表示されたものを必ずメモなどしてください。このタイミングを逃すと、以降アスタリスク表示となり、確認することができず、再度作成いただくことになります。

スクリーンショット 2024-05-10 144410.png

 

BinanceのAPIを連携する

APIを取得したら、取引所でBinanceを選択して登録してください。

※過去に取引所からダウンロード可能なファイル経由でアップされている取引履歴がある場合は、アップ済の最新の日付以降の取引履歴のみAPIで取得し二重計上を防止します。

該当の取引種類の履歴をAPI経由で取得する場合は、チェックボックスをオンにしたうえでAPIキーを追加してください。ファイルでアップされている履歴がある場合、チェックボックスのデフォルト設定はオフになっております。ご注意ください。 以下ヘルプページも併せてご確認ください:

■バイナンスのマージン取引でAPI連携をしたのに反映されません。どうしてでしょうか?

※赤枠のマージントレードとヨーロピアンオプションのチェックボックスはデフォルトで外しています。取引経験のある方は自身でチェックを入れてください。

 

免責事項

API接続により不正使用その他事故があり、万一お客様に損害が生じた場合でも、弊社では一切の責任を負いかねますのでご了承ください。接続の際には必ず弊社が指定するAPIキーをご利用ください。