料金プランの選び方

このページでは、クリプタクトの料金プランの選び方について、説明いたします。

 

1.クリプタクトの料金プランのご案内

海外取引所のご利用の有無や、各年度の取引件数などに応じて設定させていただいております。また、クリプタクトでは年度毎に料金は発生せず、一回のお支払いで過年度分も含め計算が可能となっております。(※年間契約中に限る)
クリプタクト料金プラン

 

2.プラン選択のポイント

2.1 年間取引件数

過去数年分の取引をアップする場合、取引件数の一番多い年度に合わせたのプランをお選びください。
料金プランについて(年間取引件数の定義)


例: 2023年よりクリプタクトの利用を検討している。 2020年からの履歴をすべてアップしたい。
各年度の取引件数 は以下の通りである。

2020年     6,000件
2021年     2,000件
2022年   40,000件
2023年   300件

この場合、最多取引件数の2022年(40,000件)に合わせて、年間取引件数50,000件までアップできる「スタンダードプラン」を選択する。

最初から各年度の取引件数を把握できていない場合や、思っていたより件数が多かった場合などには、既存プランの残契約日数分を割引し、差額をお支払いいただくことで、既存プランからのアップグレードも可能です。
料金プランの変更方法

 

2.2 カスタム取引・取引編集(お試しプラン以上)

  • 取引所からダウンロードしたファイルに記載のない取引
  • 取引所からAPI経由で情報が配信されていない取引
  • クリプタクトでは自動対応していない取引所(※)

    など、上記の取引履歴をカスタム取引としてアップすることができる機能です。
    カスタム取引とは

(※)取引所の追加については順次自動対応を進めております。取引所の追加リクエストは、ヘルプページ画面右下の「サポート」ボタンよりお問い合わせください。

 

2.3 海外取引所自動対応の有無(ライトプラン以上)

海外取引所のファイルやAPIに自動対応できる機能です。
海外取引所の取引履歴をお持ちの場合は、ライトプラン以上への加入をご検討ください。

クリプタクト対応の取引所や、API連携の有無などは以下から確認できます。
クリプタクト対応取引所

 

2.4 カスタムファイルのサブカテゴリー機能(スタンダードプラン以上)

カスタムファイルを複数に分けて管理(追加・削除など)ができる機能です。
取引所別やコイン別にカスタムファイルを管理したい方にお勧めです。
カスタムファイルのサブカテゴリーについて

 

2.5 法人評価損益対応(スタンダードプラン以上)

2019年4月の税制改正以降、法人の場合は期末時点の保有通貨について、評価損益を算出する必要があると認識しております。法人設定の「年度末評価損益を加算する」を選択いただくことで、年度末に保有しているコインの評価損益を年度損益に加算します。

年度末評価損益を損益に加算する(法人向け)

 

2.6 DeFi取引の自動対応(アドバンスプラン以上)

ウォレットアドレスを追加すると、クリプタクトの対応ネットワークにおいて、ウォレットアドレス内の取引履歴をクリプタクトに反映し、システムが識別できる取引については自動で識別し、取引内容を反映し、損益計算を自動で行う機能となります。
DeFi:基本的な使い方

お客様のDeFi取引を100%自動対応するものではなく、自動判別できない取引については手動で取引種類を選択することになりますが、入出金履歴から取引を判別してカスタムファイルに記載していく作業はかなり軽減できるものかと存じます。実際に手動での対応がどの程度必要になるのか、プラン購入前に「DeFi取引内容の自動識別率テスト」で自動識別率の確認ができます。