「ファイルにはアップロードすべき取引履歴が含まれていません。これはすでにアップロードされた取引であるか、取引が確定された日付である可能性があります。」の原因と解決方法

本ヘルプページでは、「ファイルにはアップロードすべき取引履歴が含まれていません。これはすでにアップロードされた取引であるか、取引が確定された日付である可能性があります。」の2通りの原因と解決方法について紹介します。

 

目次

原因1.すでにアップロードされた取引である

原因2:取引が確定された日付である

 

 

原因1:すでにアップロードされた取引である

アップ済みの最終取引日時以前の取引履歴をアップしようとしていることが原因です。

クリプタクトでは二重計上防止の観点より、同アップロードボックス内において、アップ済みの最終取引日時以降の履歴のみを読み込む仕様としております。そのため、最終取引日時以前の履歴しか含まれないファイルをアップしようとした場合、本エラーが発生します。

アップロードボックス右下で「履歴上の最終取引日時」が確認できます。(画像例:Bybit)

 

【解決方法】

アップしたいファイルの一番古い取引日時以降の履歴を取引一覧から一度削除し、取引日時が古い順番にファイルをアップし直す。

 

注意点

  • 削除した履歴はサーバー上からも完全に削除され復元できません。
  • 過去のデータを一度削除し再アップする場合、過年度の取引件数が変動し、それに応じたプランに変更していただく必要がある場合があります。

 

例)「Bybit/現物アカウント」において、ファイルA(2023/1/1~2023/12/31)、ファイルB(2022/1/1~2022/12/31)があった。ファイルAをアップした後、ファイルBをアップしたら本エラーが発生した。ファイルAの取引日時期間を指定し履歴を一度削除し、B→Aの順番でファイルをアップし直す必要がある。

STEP1:ファイルの種類(Bybit/現物アカウント)と日付(2023/1/1~2023/12/31)を指定し削除する。
取引履歴の削除方法


STEP2:B→Aの順番にファイルをアップする。

 

 

原因2:取引が確定された日付である

データ確定をした年度の取引履歴をアップしようとしていることが原因です。

クリプタクトではデータ確定した年度について、取引の追加・編集などができない仕様としております。そのため、データ確定されている年度の履歴しか含まれないファイルをアップしようとしている場合、本エラーが発生します。

帳簿設定より、データ確定されている年度が確認できます。

 

【解決方法】

アップしたいファイルの年度のデータ確定を解除し、ファイルをアップする。
データ確定の解除方法(※必ずデータ解除に関する注意点をお読みください。)

クリプタクトとは?

クリプタクトは確定申告に必要な仮想通貨の損益を自動で計算します。
ExcelやCSVで取引を取り込んだり、APIを使った取引所との自動接続や、DeFi/NFTの管理に便利なウォレットアドレスによる自動識別も実現しています。

無料アカウント登録はここをクリック。