Metamask(メタマスク) 履歴のアップロード方法

DeFi対応機能を利用することで、Metamaskで管理しているウォレットアドレスに紐づく取引履歴をアップロードすることができます。

Metamaskでは、画面上部のコピーボタンをクリックすることで、ウォレットアドレスをコピーすることができます。その後、上記のDeFi対応機能の使い方に従って、アドレスをCryptactに入力してください。

複数のチェーンや複数のアドレスをお使いの場合は、それぞれチェーンやアドレスの選択を変えて、アドレスをコピーして、Cryptactに入力してください。

 

以下も併せてご確認ください:

DeFi:基本的な使い方について

DeFi:ウォレットアドレスの連携方法

mceclip0.png