「損益計算に不要な取引(未反映)」とは?

このページでは、クリプタクトでの損益計算には不要な取引履歴についてご案内します。

 

スクリーンショット

 

「損益計算に不要な取引」とは・・・

ファイルをクリプタクトにアップした際にアップロード履歴に「損益計算に不要な取引」と表示されることがあります。お客様の資産に増減のない取引の場合、損益計算には不要のため該当の取引は除外されます。また、ファイル内容を確認した際に、第三者では判断できない取引も該当します。

 

例1)口座間の入出金(送金)の場合

クリプタクトでは、お客様の移用している全取引所の保有コインの合算を元に損益計算を行っています。取引所ごとの保有コイン枚数は追っていないため、ご自身の口座間の入出金履歴は読み込みません。(※入出金の際に手数料がかかった場合、そのコインの減少のみ読み込みます。)
【基礎知識】口座間の入出金履歴

 

例2)ステーキングの開始や解除など損益に影響にない取引の場合

ステーキング/流動性供給/コインの貸・借(レンディングサービス利用など)の「開始」「解除」自体は資産に増減がないので読み込みません。
(※上記によって得た報酬がある場合は、資産の増減分の履歴をアップする必要があります。)
ステーキング報酬をカスタムファイルに記載する方法
流動性提供とLPトークンの取り扱い
コインの貸・借による利息収入をカスタムファイルに記載する方法

 

例3)別ファイルで既に読み込まれている場合

取引所によって詳細は異なりますが、例えばSBIVCの場合「SBIVC/トレード」と「SBIVC/Cashflow」のファイル内に一部同じ取引が記載されています。
よって、二重計上防止の観点より「SBIVC/トレード」に含まれている履歴は「SBIVC/Cashflow」では読み込みません。

 

例4)アップ済みの最新日時以前の履歴の場合

同取引所内で、既にアップ済みの最新取引日時以前の履歴が含まれるファイルをアップした場合、二重計上防止の観点より、既に最新日時以前の履歴は読み込みません。
ファイルのアップ時における注意事項

 

例5)情報不足で第三者では判断できない取引履歴の場合

第三者がファイルを見て、「いつ、どのコインが、どういった取引で、どれくらい増減したか」などの詳細が判断できない場合、クリプタクトでも自動反映はできかねるため、履歴を読み込みません。
ご自身の資産に増減がある取引の場合、自身でカスタムファイルでアップする必要があります。
カスタムファイルの記載方法