DeFi:流動性提供(LPトークン)の取り扱い

このページではDeFi(デファイ/分散型金融)独自の取引、流動性提供の計算方法についてご紹介します。

 

2021年12月時点で国税庁からの明確な指針は出ておらず、計算方法について、最終的には担当の税務署にご確認ください。また今後指針が発表された際に以下の計算方法とは異なる指針となる可能性もございます。

 

■計算方法について

投資家はプラットフォーム上のプールにコインペアをに預けることができ、そのプールでの取引量に応じていわゆる利息のようなものを受け取ることができます。また、預けた際にLPトークンという、預り証明書のようなコインを受け取ることがあります。

仮想通貨の税務上の損益計算において、このLPトークンをどのように取り扱うべきか、クリプタクトでは顧問税理士とも相談し、預入時と引き出し時のコインの差分に注目して損益を算出する方法をデフォルトとしています。

こちらは設定により、すべて要識別の取引とすることも可能です。ご自身のご判断でお願いします。設定方法はこちらをご参照ください。

 

  計算方法
流動性提供開始 損益の発生なし
流動性提供解除

預入時と引き出し時のコインの数量の差に応じて損益を算出

・増加分:BONUS(時価での利益認識)
・減少分:LOSS(損失計上)

 

例1:一度にすべての流動性提供を解除する場合

計算としてはシンプルになり、預入時と引き出し時のコインの数量の差に応じて損益を算出することになります。

  1. 10枚のXコインと15枚のYコインを預入して、10枚のLPトークンを取得
  2. 10枚のLPトークンを戻して、12枚のXコインと14枚のYコインを引き出した

引き出し時の対応

Xコイン:(12-10)=2 枚をボーナスとして認識

Yコイン:(14-15)=-1 枚を損失として認識

 

例2:複数回にわたり流動性提供を開始し、一部のみ解除する場合

LPトークンの枚数から解除時の割合を算出してから、預入時と引き出し時のコインの数量の差に応じて損益を算出することになります。

 

  1. 10枚のXコインと15枚のYコインを預入して、10枚のLPトークンを取得
  2. 20枚のXコインと40枚のYコインを預入して、20枚のLPトークンを取得
  3. 5枚のLPトークンを戻して、6枚のXコインと8枚のYコインを引き出した

引き出し時の対応

Xコイン:6 - ( 5 / ( 10 + 20 ) × ( 10 + 20 ) ) = 1 枚をボーナスとして認識

Yコイン:8 - ( 5 / ( 10 + 20 ) × ( 15 + 40 ) ) = -1.166… 枚を損失として計上