APIの連携方法

このページでは取引所から発行されるAPI経由での取引履歴の取得機能についてご紹介します。

 

APIで連携された取引とダウンロードしたファイルに記載された取引に差がある場合は、どちらが正しいか判断できませんので、API連携後に必ず反映された取引内容についてご確認下さい。APIで漏れている取引があった場合は、ファイルとAPI関連情報を右下のサポートボタンよりお送りください。精査致します。

 

■基本的なAPIの連携方法

1.クリプタクトにログインして「取引履歴一覧」タブ⇒「取引履歴追加」をクリック

mceclip0.png

 

2.「API連携」をクリック

__________20221223_103438.png

 

3.API接続を希望する取引所を選択します。(画像例:BYBIT)

※各取引所からのAPIの取得方法のヘルプページもご用意しています。こちらをご参照ください。

__________20221223_103808.png

 

4.「BybitのAPIを追加する」をクリック

mceclip1.png

 

5.APIキーを追加する

①取引所より取得した「APIキー」「シークレットキー」を記入

「サブアカウント名」:基本空欄でOK(サブアカウントがある方は入力)※取引所によってはない場合もある。
 「任意の日付以降の履歴のみを同期」:ONにすると日付指定可能。ファイルとの併用時などに活用
  ※ファイル経由でアップ済みの取引履歴がある場合は、最新の取引日時以降の履歴のみを取得し、二重計上を防止します。

__________20221223_105521.png

 「API接続先」:利用したことのある取引種類にチェック
  ※API送信後にこちらの設定を変更することはできず、再度設定し直していただくことになる点ご留意ください。

③「送信する」をクリック

__________20221223_105128.png

6.履歴が反映されているか確認!

正常にAPIが同期されると緑色の雲マークが表示され、最終同期時刻が確認できます。

__________20221223_111754.png

 

何かしらの理由で同期が完了しなかった場合、赤い雲マークが表示されます。「API接続先」をクリックするとその理由が確認できます。

__________20221223_113044.png

 

7.新たに取引をした場合は「同期する」をクリックし、新しい取引を更新する。
自動で同期はされませんので、新たに取引をされたら随時「同期」をお願いします。
取引所によってはAPIに有効期限があり、一定期間内にAPIを再取得する必要がある場合もあります。

各取引所ごとのAPI取得方法はコチラ

__________20221223_112507.png

 

 

■API連携で取引履歴を取得について

API連携で早速取引履歴を取得してみましょう。APIの連携はこちら