APIの連携方法

このページでは取引所から発行されるAPI経由での取引履歴の取得機能についてご紹介します。

 

APIで連携された取引とダウンロードしたファイルに記載された取引に差がある場合は、どちらが正しいか判断できませんので、API連携後に必ず反映された取引内容についてご確認下さい。APIで漏れている取引があった場合は、ファイルとAPI関連情報を右下のサポートボタンよりお送りください。精査致します。

 

■基本的なAPIの連携方法

1.ログインしてメニューより取引履歴一覧を選択し、「取引履歴追加」をクリック

mceclip0.png

 

2.追加方法にて「取引所にAPI接続する」を選択します。

mceclip1.png

 

3.API接続を希望する取引所を選択します。

※各取引所からのAPIの取得方法のヘルプページもご用意しています。こちらをご参照ください。

mceclip0.png

 

4.取引所より取得したAPIキーを入力して送信。

※この際に取得したい履歴の取引種類を選択することが可能です。API送信後にこちらの設定を変更することはできず、再度設定し直していただくことになる点ご留意ください。

※ファイル経由でアップ済みの取引履歴がある場合は、最新の取引日時以降の履歴のみを取得し、二重計上を防止します。

 

5.取引履歴一覧に戻っていただくと反映されていることをご確認いただけます。

新たに取引をした場合は「同期する」をクリックいただくと、新しい取引のみ反映されます。自動で同期はされませんので、新たに取引をされたら随時同期をお願いします。

mceclip6.png

 

■API連携で取引履歴を取得について

API連携で早速取引履歴を取得してみましょう。APIの連携はこちら