「無効なファイル形式です」の原因と解決方法

原因その1:ファイルが破損している

取引所からダウンロードしたファイルがCSV形式のケースでは、お使いのPC環境によっては、ダウンロード後CSVファイルを開いたり編集するとファイルの破損がおき、アップロードできなくなることがあります。

解決方法

再度取引所からファイルをダウンロードして、開いたり編集していない状態のCSVファイルで再度アップロードを試してみていただけますでしょうか。

アップロード前にファイルの内容を確認したい場合は、直接ファイルを開かず、メモ帳で開く(※)などでご対応いただければと存じます。(※Windowsの場合、下の図のように、ファイルを右クリック→プログラムから開く→メモ帳 などで開くことができます)

_____2.PNG

 

原因その2:違う種類のファイルを取引所からダウンロードしている

取引所によっては複数種類の履歴ファイル(例:注文履歴、取引履歴、入出金履歴 等)を提供しているため、異なる種類の履歴ファイルをダウンロードしていた場合、フォーマット(ヘッダー)が処理可能ヘッダーと異なってしまいアップロードができません。

メッセージにある「失敗の理由はこちら」をクリックすると、どのようにヘッダーが異なるのか、確認ができます。

header1.png

header2.png

解決方法

各取引所からの取引履歴ファイルダウンロード方法を参照して、正しい種類のファイルをダウンロードしているか確認してみていただけますでしょうか。

 

原因その3:ダウンロードしたZIPファイルを展開(解凍)しないままアップロードしている

取引所によっては、ZIP形式で取引履歴ファイルがダウンロードされることがあります。

 

各取引所のファイルダウンロード方法を確認の上、ZIPファイルの展開(解凍)が必要な場合は、以下手順に沿って展開(解凍)し、CSVファイルを取り出してアップロードしてください。

解決方法

参考)Windowsをご利用の方

7-zipをインストールされたら以下の手順でファイルを解凍してください。


1) 解凍したいファイルを右クリックし、右クリックメニューの中にある「7-Zip」をクリックします。
2) メニューが展開されたら「展開…」をクリックします。
3) 展開先を確認します。別の場所を指定するには「展開先」項目の右にある「…」ボタンをクリックします。
4)「OK」をクリックするとファイルが解凍されます。

 

 

クリプタクトとは?

クリプタクトは確定申告に必要な仮想通貨の損益を自動で計算します。
ExcelやCSVで取引を取り込んだり、APIを使った取引所との自動接続や、DeFi/NFTの管理に便利なウォレットアドレスによる自動識別も実現しています。

無料アカウント登録はここをクリック。