帳簿設定「取得価額に5%ルールを適用する」とは

国税庁が発表している「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」のP.21にて、「売却した暗号資産の取得価額については、売却価額の5%相当額とすることが認められます。」とあり、こちらを適用する機能になります。

この機能をオンにすると、選択された年度以降は、各コインの簿価と売却価格の5%を比較して、高い方を取得価額として損益計算に適用します。

事例:AAAコインを1枚=1,000円で1枚購入した。その後AAAコインを1枚=100万円で1枚売却した。

《5%ルールを適用していない場合》

・AAAコインの簿価=1,000円

・取引による損益=(1,000,000-1,000)×1=999,000円の利益

 

《5%ルールを適用した場合の損益》

・AAAコインの簿価=1,000円<50,000円(100万円×5%)のため、50,000円を簿価として適用

・取引による損益=(1,000,000-50,000)×1=950,000円の利益

 

5%ルールが適用され、取得価額が売却価額の5%になった取引については取引履歴詳細の画面にその旨が表示されます。

mceclip0.png

 

また取引履歴一覧の「ステータス」にて、適用された取引のみでソートすることも可能です。

 

《設定方法》

取引履歴一覧にて、「取引履歴一覧追加」の左側にあるギアアイコンをクリック

 

高度な設定をクリックし、「取得価額に5%ルールを適用する」にて、適用を開始する年度を選択し、「更新」をクリック

※適用開始年度より前の年度の損益計算には適用されない仕様となっております。

※ご注意事項

リベースやリデノミネーションにより、枚数と取得簿価が大幅に変わっているコインについて、自動対応することができないため、別途カスタム取引としてご自身でご対応いただいておりますが、同一コインでリデノミネーションを表現すると、5%ルールを適用して計算することができなくなります。

リデノミネーション前と後で別コインとして記載するなど、ご自身でご対応ください。同一コインでリデノミネーションを表現している場合は、正しく計算できていないためご注意下さい。