第三者へ仮想通貨を無償譲渡した場合

本ヘルプページでは、仮想通貨の個人間での送金について、カスタム取引としてアップする方法を解説いたします。

 

第三者へ無償譲渡した場合

2021年6月に国税庁「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」の16にて無償譲渡に関して明記されたため、売却として記載いただく必要があると理解しています。

種類は「SELL」とし、価格はクリプタクトの時価で算出します。

例:0.1BTCを友人に無償譲渡した。

日時 種類 ソース 主軸通貨 取引量 価格 決済通貨 手数料 手数料通貨 コメント
譲渡日時 SELL 任意 BTC 0.1 空白(※1) JPY 0 JPY 任意

 (※1) 主軸通貨がクリプタクト対応コインの場合、クリプタクトの時価を参照します。(決済通貨は必ずJPYなどの法定通貨を選択。)

「総収入金額は時価の70%相当額」に設定可能と記載があるため、それ以外の価格をご自身のご判断で記載される場合は、必ず担当の税務署にご確認ください。

 

 

第三者から無償譲渡された場合

個人からの贈与であれば時価での取得(BUY)として記載し、同時にその時価相当については贈与税の対象になりえること、予めご注意ください。なお、個人以外からの贈与はボーナスとしてご記載ください。

例:0.1BTCを友人から無償譲渡された。

日時 種類 ソース 主軸通貨 取引量 価格 決済通貨 手数料 手数料通貨 コメント
譲渡日時 BUY 任意 BTC 0.1 空白(※1) JPY 0 JPY 任意

 (※1) 主軸通貨がクリプタクト対応コインの場合、クリプタクトの時価を参照します。(決済通貨は必ずJPYなどの法定通貨を選択。)

「総収入金額は時価の70%相当額」に設定可能と記載があるため、それ以外の価格をご自身のご判断で記載される場合は、必ず担当の税務署にご確認ください。

 

 

免責

利用規約にあります通り、上記の記載内容およびそれに派生する事象について、クリプタクトは一切責任を負いません。また、税務上のご不明点につきましてはご自身の税理士にご確認くださいますようお願い致します。