[旧UI]DeFi(デファイ/分散型金融):「要確認」で一度選択した取引内容の修正方法

このページでは、DeFi(デファイ/分散型金融)取引で一度選択した取引内容を修正する方法をご紹介します。なお、取引種類の選択方法についてはこちらをご参照ください。

 

※2022年4月7日にDeFi機能のUIのアップデートを実施しています。新しいUIでのヘルプページはこちらをご参照ください。

 

■DeFi取引の取引内容の修正方法

事例:DeFi外のの入出金履歴について、手数料のみで同期したが、その後ボーナスでの取得だと判明した場合

 

1.取引履歴一覧から修正したい取引をクリック

※手数料のみで同期し、手数料が発生していない入出金履歴の場合は、半透明になり取引履歴一覧上に表示されます。

blobid0.png

 

※上記の履歴のみをソートする場合にはステータスから「補足情報」を適用

「補足情報」となっている取引件数が多い場合は、該当取引を探すために必要に応じて「ソース」でのソートもご活用ください。

 

2.DEFIトランザクション欄の「編集する」をクリック

blobid2.png

 

3.「編集を取り消す」をクリックし、取引履歴一覧に戻る

blobid3.png

 

4.選択した取引内容を反映させる際には、ウォレットアドレスの接続画面「すべてを同期する」をクリック

 

5.再度「要確認」取引として表示されますので、ご自身で取引種類を選択し、同期してください。