DeFiトークンとは

このページではDeFi取引で表示されるDeFiトークンについてご紹介します。

 

■DeFiトークンとは

スマートコントラクトを参照しコインの情報を取得しています。

クリプタクトで対応していないコインをDeFi取引において検出した場合、または対応コインではあるが価格が取得できていない場合は、DeFiトークンとして認識することで、DeFi取引一覧において自動識別を行っております。

▼参考:DeFi取引一覧

mceclip0.png

但し、DeFiトークンについて、価格データが取得できておりません。そのため、DeFi取引一覧では、自動識別済みとなっておりますが、取引一覧画面では価格データ欠落による未分類取引が発生しております。未分類取引が発生している場合、該当取引は損益計算から除外されています。

▼参考:取引一覧

mceclip2.png

mceclip1.png

該当の取引をクリックすると、以下のようなメッセージが表示されます。

mceclip0.png

 

対応コインリストはこちらからお調べいただけます。

クリプタクトで対応していないコインの場合、コイン名を検索すると以下のように「●●コインについては現在未対応です」と表示されます。

__________2022-06-28_131719.png

 

 

 

■未分類取引の解消方法

1. DeFiトークンのシンボルを確認する

確認方法は以下ご対応ください。

1.取引履歴一覧にて、「取引履歴追加」の左側にあるダウンロードアイコンをクリック

 

2.ご登録のアドレスにダウンロードリンクが届くため、リンクからファイルをダウンロード

3.tax-cryptact-ledgerファイルを開く

4.DeFi取引を検索していただくと、DeFiトークンのシンボルをご確認いただけます。シンボルが長いので、コピペなどしてカスタムファイルに転記してください。

2. 元の取引をDeFi取引一覧で「除外」し、カスタムファイルでアップする

詳細は、以下のヘルプセンターをご確認ください。

未分類取引の対応方法:DeFi取引 – support@cryptact