★[DeFi(デファイ/分散型金融)機能ご利用の前に必ずお読みください]基本的な使い方について

このページではDeFi(デファイ/ 分散型金融)の取引履歴の読み込み機能の基本的な使い方についてご紹介します。

 

■DeFi取引について

DeFi取引は日々新しい取引が誕生しており、100%自動認識することはできません。自動認識できない取引については、ご自身で選択いただく必要がある点ご了承の上ご利用ください。

どの程度マニュアルでの対応が必要になるか、事前に確認されたい方向けに確認機能として「DeFi取引内容の自動識別率テスト」をご用意しております。購入前にこちらをご参照ください。

image.png

※2分を経過するとエラーとなる仕様になっております。エアードロップなどの履歴については識別に時間かかるため、エアードロップなどが多いウォレットアドレスですと、テストがエラーになることがございます。

 

 

■対応ネットワーク

  • Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン/BSC)
  • Ethereum(イーサリアム/ETH)

※他のネットワークへの対応も順次進めてまいります。

 

■基本的な使い方

ステップ1:ウォレットアドレスの登録

DeFiに使用したウォレットアドレスをCryptactに読み込むとウォレットでの全入出金履歴情報を取得します。

読み込み方はこちらをご参照ください。

 

ステップ2:取引内容の判別

システムがウォレットアドレスに紐づくトランザクションを解析し、関連するスマートコントラクトを特定します。

入出金履歴がどういった取引を背景に行われたか、判別できている取引については自動で判別し、取引履歴画面に反映されます

判別できていない取引、およびDeFi取引以外の入出金履歴については「要確認」として表示されます。「要確認」と表示されている取引は損益計算からは除外されている状態となっているため、反映させるためにはご自身で取引種類を指定していただく必要がございます。

 

ご自身で取引種類を画面上から選択してください。取引内容の選択方法はこちらをご参照ください。

 

《ウォレットアドレス反映後イメージ》

 

DeFi 取引を自動で識別するために、DeFiにおける各トランザクションが損益計算上どういった取引種類に該当するか、日々辞書作りを行っています。ウォレットアドレスの同期をすると、要確認の取引について認識できるようになることもあります。

ただ、ご自身で要確認の取引種類を選択された場合は、そちらの取引種類を優先して損益計算いたします。

 

ステップ3:DeFi独自の取引種類の計算内容の確認

DeFi独自の取引種類も数多く存在していますが、仮想通貨の税務上の損益計算において、明確なルールが定まっていないものが数多く存在しています。

代表的なものとして、流動性提供という取引があります。投資家はコインペアをプラットフォーム上に預けることができ、預けた際にLPトークンという、預り証明書のようなコインを受け取ることがあります。

仮想通貨の税務上の損益計算において、LPトークンをどのように取り扱うべきか、2021年12月時点で国税庁からの明確なルールはありません。Cryptactでは顧問税理士とも相談し、預入時と引き出し時のコインの差分に注目して損益を算出する方法をデフォルトとしています。

 

こちらは設定により、すべて要確認の取引とすることも可能です。ご自身のご判断でお願いします。設定方法はこちらをご参照ください。

 

免責

利用規約にありますとおり、算出された損益結果についてクリプタクトは一切責任を負いません。また、今回の内容はあくまで暫定的な取扱いについて述べたものであり、個別の状況は加味しておりません。税務上のご不明点につきましてはご自身の税理士にご確認くださいますようお願い致します。