APIとファイルを併用した取引履歴のアップロードについて

これまで履歴をファイルでアップしている場合など、ファイルでアップした履歴を残したまま、それ以降の履歴をAPIで取得することができます。こちらの機能は2021年11月29日にリリースしました。

本機能について、具体的な事例とともにご紹介します。

 

事例①

Binanceでの現物取引履歴について、これまでファイルでアップロードしており、これからアップが必要な新しい取引履歴についてはAPIでの取得に切り替えることにした。

 

※自動対応している履歴ファイルをアップしている状態でAPIを接続後、何かしらの理由で全履歴の取得をAPIに切り替える場合は、既存のAPIの同期では表示されている日付以降の履歴しか取得できません。API情報を削除いただき、再度APIを追加いただく必要がございます。その際に、APIキーとシークレットキーは同じもので構いません。

 

対応方法

BinanceのAPIを連携する際に、現物取引履歴の最新の取引日時が表示されるのでご確認ください。(以下イメージ画像ですと、2021年4月27日 15:55:01までの履歴を取得している状況です。)

APIでは表示されている日時以降の取引履歴を取得します。問題なければ、Binance/現物注文トレードもオンにします。

 

事例②

これまでBinanceの取引履歴をファイルでアップしてきたが、アップ漏れがないか不安なので、最新年度の履歴についてはファイルではなく、APIでの取得に切り替えたい。

 

対応方法

最新の年度を2021年とすると、2021年ののBinanceの履歴を削除します。

 

※Binanceの履歴の削除方法

  1. 「取引履歴追加」の左側にあるゴミ箱アイコンをクリック
  2. リストより「Binance/取引種類」となっているものをすべて選択し、年度で2021を選択し、「選択ファイルを削除」をクリック

mceclip3.png

 

その後BinanceのAPI連携をしてください。APIを連携する際に、日付で2021年以前になっていることを確認したうえでオンにして連携してください。

blobid0.png

事例③

カスタムファイルでアップした履歴について、APIを使って取得したい。例えば、Binanceでのコンバート履歴についてカスタムファイルでアップロードしていたが、APIでの取得に切り替えたい。

 

対応方法

カスタムファイルに記載の取引と、APIで取得できる取引を紐づけることができないため、API連携をすると取引が二重計上されることになります。

そのため、API連携後にカスタムファイルに記載のコンバート履歴を削除して、再度カスタムファイルをアップすることが必要となります。

 

ステップ1:BinanceのAPIでのコンバート履歴を連携して履歴を取得

このときに、先にカスタムファイルのコンバート履歴のデータを削除しないでください。一度削除されたデータは再度アップロードしないと復元できず、場合によってプランのアップグレードが必要となるケースがございます。必ず始めにAPI連携で取引履歴を取得できたことを確認してから、カスタムファイルのデータの削除を行ってください。

 

また、お客様のプランと過去年度の取引件数によって、API連携で履歴取得する際にプランのアップグレードが必要になるケースがございます。例えば、2019年のアップ済みの取引件数が10万件あり、現在のプランがライトプランの場合、2019年のコンバート履歴をAPIで取得すると、2019年の再計算をおこなうため、アドバンスプランへアップグレードが必要になります。

そのため、お客様の事例ごとに以下3つのケースをに分かれることになります。

 

①プランのアップグレードをせずにAPI連携できた場合

ステップ2:カスタムファイルでアップされていたBinanceのコンバート履歴を削除

 

ステップ1で過去すべてのBinanceでのコンバート履歴をBinanceのAPI経由で取得できています。ただし、この状態だとこれまでカスタムファイルでアップされていたコンバート履歴と二重計上になっているため、カスタムファイル内のコンバート履歴を削除する必要があります。

 

※カスタムファイルでアップされた履歴の削除方法

  1. 「取引履歴追加」の左側にあるダウンロードアイコンをクリックし、その時点でカスタムファイルでアップした全カスタム取引が一つにまとまっているカスタムファイルをダウンロード
  2. ダウンロードしたカスタムファイルより、Binanceのコンバート履歴を削除
  3. 「取引履歴追加」の左側にあるゴミ箱アイコンをクリックし、リストから「Custom」を選択し、カスタムファイルでアップされたカスタム取引を一度削除       mceclip0.png
  4. 2でBinanceのコンバート履歴を削除したカスタムファイルをアップロード

 

②プランのアップグレードが求められた場合(アップグレードの対象が最新年度)

ステップ2:アップグレードをキャンセル。最新年度のカスタム取引内のコンバート履歴を削除

アップグレードが必要な年度をご確認ください。最新年度(2022年の確定申告時期であれば、2021年など)である場合は、カスタムファイル内のコンバート履歴とAPIで取得したコンバート履歴の二重計上がアップグレードの要因である可能性があります。そのため、まずカスタムファイル内のコンバート履歴を削除してからAPIでのコンバート履歴の取得を行います。

 

最新年度のカスタム取引内のコンバート履歴の削除する方法は以下の通りです。

・①をご参照いただきながらカスタムファイルのダウンロードをお願いします。

・該当年度およびそれ以降のカスタムファイル取引を削除してください。削除方法について、①をご参照いただきながら、年度で該当年度およびそれ以降を順次選択し、削除してください。

・ダウンロードしたカスタムファイルからBinanceのコンバート履歴を削除し、再度カスタムファイルをアップしてください。

 

ステップ3:再度API連携でコンバート履歴の取得

再度API連携をお試しください。最新年度のコンバート履歴の二重計上がなくなることで、アップグレードが不要になっているかと存じます。

 

③プランのアップグレードが求められた場合(対象年度が最新年度よりも前)

ステップ2:アップグレードをするかどうか判断

アップグレードが必要な年度が、最新年度よりも前の年度であった場合、プランをアップグレードしない限り、現在の仕様ではAPIでの取得ができず、引き続きカスタムファイルとしてアップいただくことになります。

アップグレードをされる場合は、アップグレード後に①と同じ手順で反映可能です。

アップグレードを希望しない場合は、BinanceのAPI連携をキャンセルしてください。BinanceのAPI連携の際に「Binance/BNB Conversions」をオフにして送信すると、コンバート履歴以外の履歴をAPIで取得することになります。

 

また、Binanceのコンバート履歴については引き続きカスタムファイルでアップをお願いします。