Q.現物コインの借入/返却の計算方法がわからない

A.仮想通貨の現物の借入/返却の処理について、国税庁からの明確な指針がないため、今後指針が発表された際に異なる可能性はございますが、顧問税理士にも相談し、以下の通り処理をしております。

 

■借入(カスタムファイルのActionはBORROW)

時価での取得として、簿価計算に組みいれます。借入の際に損益は発生しません。

例)

1BTC=300万円で1BTC購入後、1BTC=500万円で1BTC借入した場合、お客様のBTCの簿価は((300万*1)+(500万*1))/2=400万円となります。

 

■返却(カスタムファイルのActionはRETURN)

(借入の価格-簿価)*数量で損益を計上します。

例)

上記の例で借り入れたコインを返却した場合、(500万-400万)*1=100万円の利益ということになります。残り1BTCについては簿価が400万円として残ります。

※借入してから返却の間に借り入れている通貨の取引をすると、当然簿価が変わるため、返却時の損益は変わります。

この計算方法は仮想通貨に限らず、借りたものを返す際の会計上の処理にならって対応しております。

 

借入/返却の履歴について、カスタムファイルでのアップ方法はこちらをご確認ください。