年末要確認!含み損益の確認方法

個人の暗号資産(仮想通貨)の損益は毎年12月末時点で確定します。

含み損の出ている通貨を保有している場合、その通貨を売却することで、利益を圧縮し、税金を減らせる可能性があります。

年末になったら、Cryptactにて実現損益を確認し、利益が多く出ている場合は、含み損益の確認してみましょう。

 

1.準備

2.含み損益の確認方法

3.カスタム取引を利用したシミュレーション方法

4.シミュレーションで入力したカスタム取引の削除方法

 

1.準備

①Cryptactに全取引履歴をアップし、未分類も解消している状態にします。

mceclip0.png

 

②「コイン別」タブにて実際の保有枚数と差がないことを確認します。

 ※ここで差がある場合は取引履歴が不足しています。再度アップ不足がないか確認してください。

mceclip1.png

 

 

2.含み損益の確認方法

「ポートフォリオ」にて「詳細」タブをクリックし、通貨別の含み損益を確認します。

実現利益が出ている場合、含み損が発生している通貨を売却することで、実現利益(税金)を減らすことが可能となります。

※個人の損益確定は毎年12月31日23:59です!年内に余裕をもって確認してください。

 

mceclip2.png

 

 

3.カスタム取引を利用したシミュレーション方法

取引によって実現損益がいくらになるか、実際の取引前に確認したい場合、カスタム取引を利用することでシミュレーションが可能です。

2で確認した含み損をいざ実現利益とぶつける場合など、取引前後で実現損益の動きを確認したい場合にご参考ください。

 

①Cryptactにて、「カスタム取引を追加する」をクリックします。

mceclip3.png

 

 

②予定している取引を追加します。

追加後、実現損益の変化を確認し、実際に取引をすべきか、検討する際の判断材料としてください。

mceclip4.png

 

 

4.シミュレーションで入力したカスタム取引の削除方法

シミュレーション前後の実現損益を確認したら、シミュレーションの取引は忘れず削除してください。

 

①帳簿画面より、青いソートボタンで手入力により追加した取引でソートし、削除対象となるシミュレーションの取引をクリックします。

mceclip6.png

 

②取引明細右上の「編集」をクリックします。

mceclip7.png

 

③取引編集画面の左下「除外」をクリックします。

mceclip8.png

 

『除外』について、損益計算から除外されますが、帳簿上に表記は残ります。

帳簿上からも削除したい場合は、除外している取引をクリック、編集を押すと「削除」が表示されるためクリックしてください。

※一度削除した取引は復元できませんのでご注意ください。