現物板での信用取引に関する計算方法の変更について

現物板での信用取引に関する計算方法の変更について

先日国税庁より所得税の基本通達の改正が行われ、今まで制定されていなかった仮想通貨の現物板における信用取引の計算方法について正式に制定されたため、そちらに従い計算方法を本日変更いたしました。

従前は、現物と同じ板での信用取引については、同じ通貨は簿価を同一にして計算しなければならないという大原則のもと、顧問税理士にも確認し、現物と同一の簿価を採用しております。

 

■新たな計算方法

現物と同一板の信用取引についても、今後は簿価・損益を現物とは別に計算。計算方法は個別法(FIFOかLIFOか選択)

 

※現物と異なる板での信用取引について

従来より、区別して簿価・損益を計算しております。こちらについては変更ございません。

 

■対象者

現物取引と信用取引を同じ板で取引している取引所(Bitfinex, Coincheck, kraken, liquid, poloniex, zaif)にて、信用・マージン・レバ取引をされたことのある方

 

■対象者が必要となる対応

①現物取引と信用取引を同じ板で取引している取引所(Bitfinex, Coincheck, kraken, liquid, poloniex, zaif)にて、一度でも信用・マージン・レバ取引をされたことのある方は、履歴を一度削除していただき、再アップをお願いいたします。

※Bitfinexでの信用・マージン取引は当初より対応しておりませんでしたので、今回のアップデートには関係ありませんが、念のためファイルの削除及びアップロードお願いします。 

ご不明な点がございましたらsupport@cryptact.comまでご連絡ください。

以上、よろしくお願いいたします。

 

免責

利用規約にありますとおり、上記記載内容につきまして、クリプタクトは一切責任を負いません。税務上のご不明点につきましては、担当の税務署または税理士にご確認くださいますようお願いいたします。