2018/07/10 システム更新のお知らせ

本日、以下の内容で tax@cryptact のシステム変更を実施しました。

なお、カスタムファイルにおいて、本日以降、価格を0としてアップロードする場合、動作が異なりますのでご注意ください。詳細は下記をご覧ください。

 

計算機能

送金手数料

「設定」画面にて、送金手数料を簿外処理(既定値)とするか、費用計上するか選べるようになりました。

新しい取引種類

従来の"FEE"を廃止し、以下の取引種類を導入しました。

  • SENDFEE (送金手数料)
    • 設定により、簿外処理または費用計上が選べます。
  • TIP (チップ)
    • 送信チップ用。損益に影響させず、残高を減らすために使います。
    • 損益計算の観点からは従来のFEEと同じ動作ですが、将来チップに関する損益計算の解釈が変更されたときに対応しやすいよう、新たな取引種類として認識します。
  • REDUCE
    • 損益に影響させず、残高を減らすために使います。
    • 従来のFEEを同じ動作。

 

以前アップロードしていただいたデータは自動的に新しい取引種類へ変更いたしましたのでご了承ください。

 

画面表示関連

  • 詳細編集画面において、価格入力の際、クリプタクトの価格データベースを簡単に参照できるようにしました。
    • 送金手数料、マイニング、ボーナス、支払い、貸しコイン収入の各取引種類において有効です。
  • 数値を10桁表示するようにしました。
    • 従来から内部的には10桁で計算してたため、計算結果に変更ありません。
  • 取引種類ラベルの多言語化
    • 例:ご利用者の言語が日本語の場合、"BUY" を「買い」と表示する
  • 帳簿画面で、主軸通貨にクリプタクトの価格が適用された場合にツールチップを表示
  • 取引詳細の表示改善

カスタムファイル

  • ゼロ価格を有効にしました。
    • 従来は、PAT/LENDING等の一部の取引種類について、価格欄を0または空白としてアップロードすると、クリプタクトの価格を自動的に参照するようにしていました。
    • 本日以降、0と空白を区別します。
      • 価格に0と入力すると、帳簿上も価格が0となります。
      • クリプタクトの価格を自動参照させたい場合は、空白としてください。
    • 過去に価格0としてアップロードされたデータについて、損益に変更はありません。本日以降カスタムファイルをアップロードする際はご注意ください。
  • 取引種類に、日本語を使えるようにしました。
    • MINING --> 「マイニング」 など。

 

不整合な帳簿データの削除

未分類取引のうち、日付が異常となっている帳簿データの削除を行いました。

なお、これらの事例を踏まえ、アップロード時のファイルフォーマットのチェックをより厳しくしました。

ご不明点はサポート窓口までお問い合わせください。