未分類取引の対応方法

帳簿画面で未分類取引がある場合、最終的な損益は正しくありません。

未分類と表示されている取引は、損益の計算から除外されるため、最終的な結果が本来のものと大きく異なる可能性があります。 
必ず未分類取引を解消して下さい。

2009年1月3日のビットコイン誕生以降の全ての取引をアップロードしてください。

全ての市場をとりまとめ、取引を時間順に並べることで損益を計算します。取引が足りない場合は未分類取引が多発し、正しく計算できません。

 


 

内容

  1. 未分類取引とは
  2. 未分類取引の確認方法
    1. 未分類取引の有無
    2. 未分類取引のだけを表示する
    3. 未分類取引の詳細を調べる
  3. 未分類取引の種類と対策
    1. ポジション不足/デリバ・マージン取引以外の空売りを検出
    2. 主軸通貨<通貨シンボル>は未対応
    3. 決済通貨<通貨シンボル>は未対応
    4. 手数料通貨<通貨シンボル>は未対応
    5. 価格データ欠落:xxxxの価格
  4. 「少額誤差調整」について

 

アップロードしていただいた全てのファイルを集計する過程で、tax@cryptactが処理出来なかった取引のことです。

これは以下の場合に発生します。

  • tax@cryptact で対応していない取引がアップロードされた
  • 何らかの理由で全ての取引がアップロードされていない

アップロード中の未分類は無視できます。

複数取引所をご利用されている場合等で、ファイルをアップロードする途中で未分類取引が発生することがありますが、これは無視して構いません。 全てのファイルをアップロード後、未分類取引をご確認下さい。

全てのファイルをアップロード後、下図のようにx印欄に数字があり、赤色表示されている場合、未分類取引があります。未分類取引は、実現損益の計算から除外されていますのでご注意ください。

未分類取引件数が表示されている赤いラベルをクリックします。 
または、下図のように帳簿テーブルのヘッダの左端のフィルターマークをクリックし、Errorを選ぶと、未分類取引だけが表示されます。

なお、この状態で、画面右側に現れる「すべての条件をクリア」をクリックすると、再び全ての行が表示されるようになります。

未分類となっている行の左端の赤いx印の上にマウスポインタを置くと、未分類となっている原因が表示されます。

また、未分類の行をクリックしたときの詳細画面でも内容を確認できます。

カスタムファイルによる未分類取引対応時のご注意

カスタムファイルをアップロードする前に、念のため元の取引が未分類取引のままであることを今一度ご確認ください。将来のtax@cryptactのアップグレードにより、未分類取引が解消された場合、気づかずファイルをアップロードすると2重に計算されてしまいます。

「ポジション不足」は、その時点で保有する通貨以上の取引があったときに発生します。

「デリバ・マージン取引以外の空売りを検出」は、該当する仮想通貨を保有していない状態で、その仮想通貨を売却しようとしたときに発生します。

例)0.1 BTCを保有時、ETHBTCの買いを実施。0.15 BTCを代金として支払った

ポジション不足(BTCのクローズで発生) : 取引前数量[0.1]、取引数量[0.15]

本来、空売りでもない限り、ポジション残高がマイナスになることはあり得ないため、これはアップロード頂いたデータに不足がある可能性が高く、そのチェック機能として当未分類取引を用意しております。 このような未分類取引を用意している背景としては、アップロードしたデータが不十分であるにもかかわらず、その前提の計算結果を何らかの形でご利用されるケースをできるだけ防ぐことを目的としております。

このような場合は、まず全ての過去データがアップロードされているかご確認下さい。特に未対応取引所や、対応済取引所の中にある 未対応取引をご確認頂き、不足分については画面からの入力もしくは カスタムファイルにて追加してください。

上記例への対応

0.05BTC不足しているので、該当する未アップロードの取引を見つけて頂き、取引入力画面もしくはカスタムファイルで0.05BTCを入手した取引履歴を追加してください。

稀に、取引所とtax@cryptact で小数点処理が異なり、僅かな差となってポジション不足となることがあります。この場合も、メッセージを見て不足しているポジションを取引入力画面もしくはカスタムファイルで追加してください。

なお、上記ご確認の上で、どうしても該当取引がわからない、何らかの理由で全てのお取引が把握できない場合は、項目4「「少額誤差調整」について」をご参照頂き、こちらの少額とする金額設定をユーザー設定画面で変更することで、未分類取引をなくして下さい。ただし、この対応はあくまでやむを得ない場合に近似値として結果を出す、不正確な方法であることにはご留意ください。

対応コイン一覧 に含まれていないコインがアップロードされました。

お手数ですが、コインのシンボルに間違いがないかご確認の上、 こちらをご一読いただいた上でサポートまで仮想通貨の追加をご依頼下さい。順次追加してまいります。

お急ぎのかたには、対応していないシンボルと置き換えて使うことができるダミーシンボルを用意しましたので、そちらをご利用ください。詳しくは 画面からの入力もしくはカスタムファイルのヘルプをご参照ください。

決済通貨として tax@cryptact が対応していない通貨が使われています。この場合、該当する取引を、 tax@cryptactが対応する決済通貨を介した2つの取引に分解して、取引入力画面もしくはカスタムファイルによる対応をお願いします。詳しくは画面からの入力もしくは カスタムファイルのヘルプをご参照ください。

tax@cryptactで対応していない手数料通貨が選ばれました。画面からの入力もしくは カスタムファイルでの対応をお願いします。その際、未分類取引となった取引の手数料を法定通貨で換算した取引と、手数料通貨の残高を減らすための取引の計2件を入力してください。

tax@cryptactが用意する決済通貨の価格データに抜け落ちがあります。 
tax@cryptactでは、対応済み決済通貨について1分単位での価格を用意していますが、特に2016年前半以前で、仮想通貨取引がそれほど活発でない時期は価格が欠落しがちです。

「3.3. 決済通貨<通貨シンボル>は未対応」と同様、画面からの入力もしくはカスタムファイルにて対応お願いします。

100円未満のポジション不足については、ポジション不足を起こしたトレードをそれ以前のポジションに強制的に合わせることで自動調整し、警告とします(警告行は最終損益の計算に含まれます)。

少額誤差調整を警告とするかどうか、警告にする場合の金額のしきい値は、ユーザー設定画面で変更できます。