取引履歴をアップしたら、帳簿画面の取引件数が少ない(連続取引集約)

 

計算効率を上げるため、1分以内の同銘柄/同取引種類/同サイドの取引があった場合、連続取引集約機能として、1件の取引に集約して表示しています。(価格が異なる場合は平均値を算出します)

集約前・後などの確認方法などの詳細は以下のヘルプページをご参照ください。
■料金プランの年間取引件数について


クリプタクトとは?

クリプタクトは確定申告に必要な仮想通貨の損益を自動で計算します。
ExcelやCSVで取引を取り込んだり、APIを使った取引所との自動接続や、DeFi/NFTの管理に便利なウォレットアドレスによる自動識別も実現しています。

無料アカウント登録はここをクリック。