自動調整:少額誤差調整

未分類取引となるポジション不足あるいはデリバ・マージン取引以外での空売り検出のうち、少額のものについては自動調整により強制的にポジションを0に持っていく処理を行ったことを意味しております。 

本来は、過去全てのお取引(含む、未対応取引及び取引所)をアップロードしているかをご確認頂く必要がありますが、少額の差については誤差として扱うことで強制的にポジションを0に調整し、エラー処理とせずに損益計算に含めております。 

なお、この機能のオン・オフや、少額とする金額の設定は、tax@cryptact画面上の「設定」ボタンからお客様自身で行う事が可能です。