APIによる取引所データとの連携

取引所とAPI連携することで、取引所内のお客様の各種データと連携できるようにならないのか?という内容のお問い合わせを多く頂いおりますので、ここにCryptactとしての考え方を記載致します。 

取引所とのAPI連携は今後のサービス拡大の視野に入っており対応を目指しております。一方で、tax@cryptactに関しては、API連携することの有用性や利便性は認めつつも、お客様が不必要なリスクをとることを避けるため、APIの細かな設定が行えて参照のみ(売買や送金は行えない)可能なキーを発行できる取引所についてのみ、APIによるデータ連携ができないかと考えております。 

また、APIキーをシェアしたくない利用者のために、引き続きファイルアップロード形式によるサービスをサポートし続ける予定です。 

なお今後Cryptactが展開するサービスについても、その内容に応じたAPIキーの設定を行えることを前提に、希望者の方にはAPI連携サービスを提供してまいりたいと考えております。